2016.2.29 韓國 特許法 改正法 公布
Registration Date : 2016.03.10 View : 924
2016.2.29 韓國 特許法 改正法 公布

1.施行日:2017年3月1日(公布後1年)

2.主な改正点

(特許取消申請制度)誰もが6ヶ月までに登?された特許?が新規性及び進?性及び先出願等に違反した場合、特許審判院に特許取消の申請(第132?の2等)
* 2017年3月1日以降に設定登?された特許?から適用

(職?補正制度の整備)(現行)職?補正不?容意見書提出時に職?補正はないと見て、そのまま特許登?
→(改正)不?容意見書を提出する際、特許決定も一?に解除みなさ(第66?の2)
* 2017年3月1日以降行われた職?補正から適用

(職?再審査制度)特許決定後の設定の登?前まで重大な瑕疵が見つかった場合、職?で特許決定を取り消して、再審査(第66?の3)
* 2017年3月1日以降の特許決定する特許出願から適用

(審査請求期間の短縮)早急な?利確定のために、5年から3年に短縮(第59?)
* 2017年3月1日以降に出願した特許出願から適用

(正??利者の出願期間の延長)無?利者の特許公告後2年まで出願すること除斥期間の削除(第35?)
* 2017年3月1日以降に設定登?された無?利者の特許?から適用

(特許?移?請求制度の導入)除斥期間なく正?な?利者が無?利者の特許?の移?を裁判所に直接請求することができる制度づくり(第99?の2等)
* 2017年3月1日以降に設定登?された無?利者の特許?から適用

(外?審査結果の提出命令制度)第1?出願を基礎とした?約優先?主張出願の特許審査の際、審査官が第1?の審査引用技術文?を提出するよう命ずる制度(第63?の3)
* 2017年3月1日以前に出願した優先?主張を伴う特許出願にも適用

(??優先?主張の先出願書類の??の改善)先出願全?に書類の??を許可する(第216?)
* 2017年3月1日以降に出願した第55?第1項の規定による優先?主張の基礎とされた先出願から適用

(訴訟?事者の手?中止の申請)無??訂正審判確定時までに侵害訴訟手?を停止申し?み可能(第164?)
* 2017年3月1日からすぐに施行

게시판 이전글 화살표 Previous Previous NO
게시판 다음글 화살표 Next 2015年1月1日施行される改正韓?特許法